なんとなく色々と

松浦有希というミュージシャンがいて、学生の時になんとなく記憶に残っていたのだが、それが何なのか、ポジティブな感想を持ったのか、かなりあやふやな状態になっていた。

別のミュージシャンと混乱していたこともあったのだが、最近ビデオを整理していた時に見つけたのが「おやゆび姫物語」の録画だった。何で録画していたのかも思い出せない。残っていた録画は第8話なので、もしかするとたまたまOP/EDを見て気に入ってそれを録画するためにしたのかもしれない。内容的には森野うさぎがキャラデザインをしている子供向けの童話アニメというちょっとアレな感じ以外は特に個人的な引っかかりが無いからだ。そのOP/EDのミュージシャンが松浦有希だ。

おそらく、これによるポジティブな感想があったものの、当時はまだネット検索も黎明期で詳しく調べることも出来ずに名前だけを覚えていたわけだ。そして、まとめて音源を購入してみて色々と分かってきた。

当時、自分が引っかかったのは、わかりやすくZabadakPsy・sなどとの類似性だと思われる。特にZabadakとは関わっているミュージシャンも少しかぶっていて、作詞者にも同じ名前がある。また、岡田徹がアレンジに関わっていることから、こじつけだが濱田理恵も思い浮かぶ(ムーンライダーズ絡みとして)。とはいえ、この辺は音楽の方向性から似たようなアレンジャーや演奏者が起用されているだけだろう。

先述のアニメ作品を皮切りにその後もアニメの主題歌などを多く手がけているし、少しのインターバルのあとKING系列のSTAR CHILDに移籍していることからも、その方向性で活躍していた(いる)ようだ。

もうちょっと早くにちゃんと調べていたら、お望みの楽曲だけを買うために1stを購入し、満足して終わっていたのではないかと思う。

自分はどうも記憶を泳がせる癖があるようで、たとえそれが明らかにポジティブな記憶でも、それをはっきりと調べずにしばらく放置して、偶然に詳細を知る、または再会するのを期待することがある。本件はその最たる例だが、知ってから約25年という超・遠投で、しかも結局しびれを切らして調べてしまった例だ。正直、こんなに発酵させるべきではなかったが、それを抜きにすればそう悪くない。

続 SOFT BALLET は本当に早すぎたのか

以前、SOFT BALLETDepeche Mode の強い影響下にあったことと、Depeche Mode の日本での知名度の低さとSOFT BALLETの一般での認知度に関連があるのでは、みたいなことを書いた。

しかし、この話は実は片手落ちである。それは、Depeche Mode の影響を強く感じさせるのは森岡氏のソングライティングと遠藤氏のボーカルスタイルであって、SOFT BALLETの音楽的な中核である藤井氏の事をほぼ語っていないからだ。なぜ語らなかったというと、知っているようでいて実はよく知らない領域の話だからだ。その領域とは EBM である。

EBM の定義についてはWikipediaなどにおまかせするとして、なぜ SOFT BALLETEBM が関係していると言えるのかは、音を聞けば分かるというのもあるし、デビューシングルである「Body To Body」というタイトルからもわかる。これは EBM創始者ともいえるベルギーのグループ、Front 242 の初期シングルの収録曲の名前だ(1981年)。同じなのは曲名だけで全く異なる曲なのだが(そもそも初期Front 242 は、後にEBMを提唱した1988年頃とはかなり異なる音楽性だった。しかし、Electronic 'Body' Music にとって 'Body' とは重要な言葉であることは言うまでもないだろう)、初の音源は謂わば名刺代わりであり、自分らは EBMをやりますよ、という自己紹介に他ならない。

と、偉そうなことを語っているが、自分はつい先日まで EBM について完全に「知った気」になっていたのだ。たとえば EBM の典型的なスタイルは実感出来ていたのだが、その歴史的な経緯を全く知らなかった。つまり、どのように影響しあっていたのか知らなかった。Front 242 と Front Line Assembly が紛らわしいなあと思ってたレベル。しかも、大本の Front 242 をちゃんと聞いていない。

最近になってやっとその辺の情報や音源をまとめ始めて、SOFT BALLET にどのような形で(具体的に)EBMの影響が組み込まれているのかが見えてきた。とはいえまだ感覚的な理解でしかない。FLAの影響は強いけれど、その宗家とも言えるSkinny Puppyの影響はあまり無さそうかなあとか、Front 242 は音作りとかリズムパターンという意味で間接的には影響を受けていそうだがあまり全面には出てきてないかなとか。

かなり乱暴に言うと、特にAlfa時代のSOFT BALLETDepeche Mode と Front Line Assembly の折衷サウンドになっている。もうちょっと具体的に元ネタを掘ってみたいところだが、なんとなく FLAを1年ほど遅れでフォローしている感じなんじゃないかと踏んでいる。で、少なくともMillion Mirrorsまでは FLA の影がちらつく(DMの代わりにSoft Cellっぽい曲があったり)。SOFT BALLET は Million Mirrorsが転機だというイメージがあったが、実は次作の INCUBATE の方なのではないかと思えてきた。

Ubuntu 18.04へ

メインマシンの Ubuntuを16.04 から 18.04 に移行した。18.04.1 が出てから移行しようとは考えていたのでタイミングの問題だったのだが実はナイトシフトモード(夜になるとディスプレイの色から青成分をカットする機能)を使いたかったからだ。最近、どうも眠れない状態が続き、一応はメインマシンも使ってみようと思ったという単純なきっかけだった。

で、一応移行してからの諸々をメモしておく。

動画サイトで頻繁に読み込みが止まる事象が発生したので、FireFoxからChromeに戻ってみた。のだが、Chromeでも同じ状況が発生。ffmpegなどのdecodeのバックエンドの問題だろうと思っていたが、developer tool でモニタリングしていると、どうも session絡みの notifyというかcallbackがエラーになっていた。色々と触っている間に、session情報が適切ではない状態になってしまった可能性もある。しかし、これが原因というわけでもなさそうで、logout/loginしても症状は改善しなかった。というわけで戻り損ではあったのだが、どうも動画サイトを見る時にはそれなりに無視できない差があり、Chrome の方が低負荷だ。逆にFireFoxに移行したきっかけは新バージョンを試したかったのとメモリ使用量で見ると今度は FireFoxの方が有利だからで、早い話がどっち(メモリ/CPU)の方を気にしているか、という自分なりの気持ちの変化でしかない。この読み込みがとまる現象に関しては、(同じ原因かどうかは別として)過去にも発生していたので何とか対策を講じたいところなのだが。

Unity/MirからGNOME/Xになったわけだが、今の所は大きな問題は無い。しかし、まだまだ過渡期というか、洗練されていない箇所は多い。

あと、起動時のbluetoothの認識がちょっと不安定で、マウスの認識が行われないことが多々ある。この辺はちょっと気になるところだ。

Mcomixがrepositoryから消えて、snapの方に登録されていた。これはどうも一時的な措置のようだ。Pythonの古いライブラリに依存していたために削除されたのだが、forkしたかなにかでソフト側に対応が行われたようだ。

気付いたこと

最近というか数カ月ほど前なのだが、Frictionの「Dumb Numb(1990)」は日本のある時期のAlternative、90年代中頃のいわゆる「ジャンク」的な音楽が勃興した時代に、多くのバンドが青写真にしたのではないかと気付いた。

譬えば初期の「有」は、かなりそのまんまな楽曲もある。「具体(1994)」の「Face, Face, Face, Face」の間奏部などは「Gapping」の引用に聞こえるし、全体的な雰囲気はかなり近い。The Mad Capsule Market'sの「SPEAK!!!!(1992)」収録「システム・エラー」は「Big-S」の雰囲気がある。「DUMB NUMB」はライブ盤なのでスタジオ盤の原曲があるわけだが、あまりそちらの印象は感じない。

25年ぶり2回目

ずいぶん長く探していたCompilation「noise forest」を買った。最悪、海外からの購入も考えていたので国内で見つかったのは幸いだった。

この作品を初めて聞いたのはおそらく 1993年の夏(1992かもしれない)。そしてそれはノイズ初体験でもあった。このCDと同日に聞いた(と記憶している)Masonnaの「血まみれのアンヌ(Mademoiselle Anne Sanglante Ou Notre Nymphomanie Auréolé)」に打ちのめされてノイズへのめり込むことになる。

このコンピはかつて大阪に存在した「Soleil」というレコード店が出したもののようだ。参加アーティストはNoise Forest (CD, Compilation) | Discogsで、当時の日本ノイズ界の一線級と新進気鋭のアーティストで固められており、非常に豪華。当時のいわゆるジャパノイズの雰囲気を知るには持って来い。アーティスト毎の収録時間が長めなのも嬉しい。

で、久しぶりに聞いた感想なのなのだが、「完全に音楽だ」。「血まみれのアンヌ」は今聞いても素晴らしくノイズなのだが、本コンピはジャパノイズの振れ幅の大きさを垣間見ることが出来る。もちろん、当時聞いた時はそんな事は微塵も思わずに、ただひたすらショックを受けただけだったのだが。

カミングアウト

「LOVE サバイバー」が80'sサウンドの中では一番理想形の音だと思っているという事実は、カミングアウトと呼ぶにふさわしい。

DX7系というか FM音源系に聞こえるゴキゴキしたベース、ほぼバスドラとスネアだけのスクエアなリズムの上に散らばった謎SEパーカッション(もちろんそれ以外にも使われる謎SE)、スネアを連打するだけのフィル、ぶった切り系のソロパート。DNAに染み込みます。

ちなみに海外版では歌だけでなく何故かオケも別バージョンであり(つまり元トラックを使えなかったので再録?)、こちらはちゃんとハットを刻んでいたりします。でも、それが不要だと感じる自分もいます。

Ubuntu flavor 試食会

長い間、使わずに放置していた Thinkpad X121e。ちょっと熱を持ちやすい感じで使わなくなってしまったのだが、一応 i3プロセッサで 2 cores / 4 threads というそれなりの性能のマシン。液晶がHDなのが問題だが、老眼には優しい。

そこで、現状の Ubuntu を試す実験場と割りきって、色々なflavorを試し食いしてみた。基本的に Out of the box の状態で動作すること、既知の情報や標準のGUIでカスタマイズ出来ることを条件とする。

最新版。デフォルトで Wayland セッション、Gnome 環境というかなり実験的な構成。X.org セッションや Unity(機能制限版)使用も出来る。Intel GPUなので、Wayland自体はほぼ問題なし、なのだがちょっと古いハードウェアなので負荷はちょっと高め。Gnome shellはまだ慣れない。18.04 も来るので早めに慣れないといかんなあ。

結局、Waylandではちょっと動作に不安のある箇所があり、X.org では何故かタッチパッドが無効化出来ない(コマンドラインからは出来るのだが)ので、他のものを模索することに。

そう悪くはないと思ったが、設定などが複雑怪奇。カスタマイズ性は高いのだが過去の歴史を全て背負った感じ。でもまあ、常用しても大丈夫かなーと思っていたら、fctixのパネルを触るとUIがフリーズするという致命的な問題が。灰色の無地ウインドウが出て、マウスは動くがどこも触れず何もアクティブにならない。触らなければいいのだが、面倒なので次へ。

見た目はスタイリッシュ。しかし、意外と設定などはとっちらかっている。まあ、悪くはない。しかし、CtrlとCapsを入れ替えることができず。これさえクリアできれば、使ってもいいなと思ったのだが。

負荷が高めなのは予想通り。しかし、ちょっと過渡期である無印よりはましか? とにかく久しぶりのKDEを試用中。